次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

あかん、飲み過ぎた!今日の会議どないしよ!?

健康・美容

あかん、飲み過ぎた!今日の会議どないしよ!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

お酒を飲む習慣がある人、お酒が好きな人は多分経験があると思いますが、
   
「明日は朝から大事な会議があるから、今夜はお酒の量を控えよう」とか
「昨日、飲み過ぎたから今夜は飲まない!いや、ちょっとだけにしよう」
など思っても、
  
結局、いつものように飲み過ぎてしまい、
朝起きて後悔してる事ってありませんか?
  
  
おそらくお酒を最初に飲んだ時は、美味しくないと感じた方がほとんどだと思います。
  
では、なぜ人はお酒を飲むようになるんでしょうか?
  
  
特に、飲み会の時に最初に飲む事が多いビール!!
いわゆる
「とりあえず生中」とか
「最初はビールで乾杯」とか
言われますよね!
でも、お酒を飲まない人や、
ビールがあまり好きじゃない人からすれば
  
なんで、あんなに苦いものを美味しく飲んでるんだろう?
って言われますよね!?

ビールって美味しい?

最新の研究で、ビールの味は脳内の「快楽物質」ドーパミンの放出を促すことが分かったのだ。
  
ドーパミンとは、楽しい行動をとった時に分泌される神経伝達物質だ。
つまり、ビールを飲む→ドーパミンが分泌される→さらにビールが飲みたくなる、というサイクルが繰り返されるのだ。
  
同分野の専門家も「飲酒への欲求が高まる背景には、酒の味や香、見た目、習慣など複数の要因が関わっている。
  
日常の飲酒量が多いと、飲酒への欲求が高まるケースが多いが、今回の研究では酒の味自体も飲酒への欲求を高めることが示された」とコメントしている。

出典 http://rocketnews24.com

なるほど、ドーパミンですか!
わかる気もしますが、あまり納得出来ない人もいると思います。
  
お酒は20歳からって言いますよね!
お酒は大人の飲むもの
お酒が飲めたら、美味しく感じたら
大人の仲間入りって
言う人もいますよね!?
  
例えば、大学に入ってすぐ
サークルに入って
先輩に誘われて
初めてお酒をたくさん飲んだ
って人も多いんではないでしょうか!?
社会人になると
もっと、そのような機会が増えますよね
「ノミ二ケーション」とか
接待とか・・・
  
もちろん、そこで
嫌な経験したり
やっぱり美味しくないと思う人もいますが、
飲む事の楽しさを感じたり
お酒って美味しいじゃん
って思う人も多くいると思います。
  
こうして、お酒を飲む事が
習慣になっていく人が
増えて行くのではないでしょうか?
  
もう一つ、お酒を飲む習慣になる理由として
よく言われるのが、
お酒は百薬の長、という考え方です。

お酒は百薬の長?

昔から「酒は百薬の長」と言われています。適量のお酒を飲むことは、ストレスの緩和や食欲増進に効果を発揮するため、健康にプラスに働き、寿命の延長にもつながると疫学的研究で認められています。

イギリスのマーモットという学者が「お酒を適量に飲むことは、冠動脈疾患に予防的に効く」と発表しています。
他にも、心臓病・癌・骨粗鬆症・老人性認知症などの発症や老化のリスクを低減させるなど、様々な研究結果も報告されています。

出典 http://www.takarashuzo.co.jp

このことを信じて
お酒を飲む人も
中にはいますよね!
  
でも、この考えに
異論を称える考え方もあります。

「酒を飲むから健康」ではなく「健康だから飲める」?

「過去の論文の多くが、病気が原因で禁酒している人々のことを考慮の対象から除外している」という事実。
博士によると、酒を飲まない人々の中には次の事情の人がいる。

(1)糖尿病や心血管疾患などの病気で医師から禁酒をさせられている人。

(2)そのほかの病気を患ったり、もともと体が弱かったりして酒を飲めない(あるいは飲まない)人。

こうした人々は早死にする可能性が高いのに、酒を飲む人と全死亡率を比較する際、統計に反映されてこなかった。
そこで、「病気による飲酒」を考慮しない論文をすべて除外し、残りの論文を改めて分析し直すと、「適量の飲酒が、酒を飲まない人より健康的で長寿をもたらす」という結果は得られなかった。
これまで左党を喜ばせてきた多くの研究は、最初から「統計ミス」によるものだったというわけだ。
  
  
  
「酒を飲むから健康」ではなく「健康だから飲める」
  


クリスティー博士は「病気による禁酒を考慮しなかったことが、飲酒の健康への影響を見誤らせてきました。
また、適度な飲酒のおかげで健康になるという見方も、原因と結果を取り違えています。
健康だからお酒を飲めるわけで、その逆ではありません。
過剰に酒を飲むとアルコール依存症になることを考えると、ほとんどの人にとって飲酒量は少ないほどよいのです」と語る。

出典 http://www.j-cast.com

ますますわかんなくなっちゃった
って人がいたら、すみません。
  
いろいろな考え方があり
いろいろな考え方を知った上で
自分が取り入れる情報はどれなのか?
考えていただくことが出来れば
幸いだと思います。

適量を飲む習慣をつけるのか?それとも禁酒?

これは、永遠のテーマかも知れません。
ここまで、読んでいただいて、それはないだろう!!
って言われるかたもいらっしゃると思いますが・・・
 
   
まずは、病気なかた、医師にお酒をとめられてるかた
お酒を飲んで人生が悪い方向へ進んでるかた、
周りに悪影響を及ぼすかた、などは
絶対、禁酒して下さい。
  
「そんなん、わかっとるわ
今まで、なんどかやめようとしてきたわ」
って言われるでしょう。
  
本当に心から思ってますか?
  

「自分なら出来る」って
根拠のない自信をもって下さい。
   
次に、宣言して下さい。
自分に対して、周りに対して
「俺はお酒飲むのやめた」って
  
どこかに、家の壁などに、
「お酒をやめて3年経ちました」って
あえて、過去形にして書いて貼り付けて
いつも、観て下さい。

むしろ、適量に抑える
って事のほうが
難しいかもしれませんね
  
休肝日を決める
一杯だけと決める
缶ビール1本だけと決める
今夜はまっすぐ家に帰ると決める
自分でペナルティーや罰金を決める
  
禁酒と時と同じになりますが
「自分は出来る」って自信をもって
宣言する
書いて貼りだしていつも見る
って、事をやってみて下さい。

最後に動画を一つ

楽しくお酒を飲みましょうね

1
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!